AKB48ニュースまとめ

AKB48、HKT48、SKE48、NMB48などのまとめサイトです。



1 :ジョーカーマン ★:2021/06/06(日) 22:19:20.13 ID:CAP_USER9.net
7月からスタート予定のAKB48の新番組「乃木坂に、越されました。〜崖っぷちAKB48の大逆襲〜(仮)」が、テレビ東京で放送されることが6日、明らかになった。
この日初収録が行われた模様で、メンバーが次々とSNSで報告した。

同番組の開始は、先月23日のグループ単独コンサートのアンコールでサプライズ発表され、その際は「某弱めキー局 ド深夜にて!」とされ、放送局などの発表はなかった。

メンバーの福岡聖菜(20)はこの日、ツイッターで「7月からテレビ東京さんにて始まる『乃木坂に、越されました。〜崖っぷちAKB48の大逆襲〜』初収録でした…! 知らない間に初収録。きっと今だからこそ私ごととしてAKB全体で楽しむことができるんじゃないかなと思っております」。
北澤早紀(24)も「衝撃のスタートです」と報告した。

同局ではかつて「週刊AKB」「AKB子兎道場」といった冠番組を放送しており、AKBとしては約7年ぶりとなる。
同局では現在、乃木坂46など坂道シリーズの3グループの冠番組が放送されている。

http://news.yahoo.co.jp/articles/06f7c08ae1e8cebf510ad1780c68bb81e8dc0922

AKB48新番組『乃木坂に、越されました。〜崖っぷちAKB48の大逆襲〜(仮)』、テレビ東京での放送が明らかに!









続きを読む



1 :ジョーカーマン ★:2021/06/05(土) 07:00:58.57 ID:CAP_USER9.net
AKB48の柏木由紀(29)が、自身初となる報道番組の司会に挑戦する。

インターネットテレビ局ABEMAのニュース番組「ABEMA Prime」(午後9・00)で毎週水曜に置かれている週替わり女性MC枠での出演。
過去には元TBSアナウンサーの宇垣美里(30)、益若つばさ(35)らが担当し、柏木は9日の放送に登場する。

「報道番組の司会をやらせていただく日が来るなんて、全く想像していませんでした。貴重な機会を頂いたのでニュースを学びながら改めて自分の意見を考えるきっかけにしたいと思っています」と意欲満々。
「30歳を迎える人間として、自分の意見や考えをたくさん発信できたら、と思います!」と気合を入れている。

 ○…柏木は、3日に自身のYouTubeチャンネルで「脊髄空洞症」を患っていることを公表した。
テレビ番組の企画で5月中旬に人間ドックを受けて症状が疑われ、精密検査を受け発覚。
早期発見で症状は極めて軽く、治療を受けながら仕事はこれまで通り続ける。
同症は国の指定難病の一つで発症は10万人に8人程度とされる。
脊髄の中に水のたまった空洞ができることによって、脊髄の機能が妨げられて起きる病気。
症状は腕の感覚障害や脱力など。
柏木は1年以上前から左手の指にしびれを訴えていた。
動画では「めちゃくちゃ元気なので、温かく見守っていただけたら」と語った。

http://news.yahoo.co.jp/articles/1fcc26ea70bf785879d30d36351146e9a5b047c3

10万人に1人 国の指定難病「脊髄空洞症」と診断 「主治医が見つかる診療所」 柏木由紀









AKB48 柏木由紀













続きを読む



1 :ジョーカーマン ★:2021/06/03(木) 22:10:07.71 ID:CAP_USER9.net
AKB48の柏木由紀(29)が3日のテレビ東京系「主治医が見つかる診療所」に出演し、人間ドックを受けた様子が放送された。
番組では磁気共鳴画像装置(MRI)検査の結果、「脊髄腫瘍」の疑いがあるとされた。

番組で「左手がしびれることが多い」と明かした柏木。
手根管症候群と過去に診断されていたが、今回は脊髄腫瘍も加えて原因と考えられるとした。

MRIでは本来は脊髄は灰色に写るが、柏木は白色に写り、脊髄空洞症の可能性を指摘された。
脊髄腫瘍により液体がたまり、神経を圧迫している疑いがあるとし、出演した医師は受診を勧めた。
また、医師は脊髄腫瘍は10万人に1人の症例と紹介した。

医師の診察の結果、左足、左半身にしびれが見られることも分かり、手術を勧められることになった。
柏木は今後、治療を検討する。

http://news.yahoo.co.jp/articles/8a5128d3350362ae8c79ae875fcb5654f13a7239

「主治医が見つかる診療所」 脊髄腫瘍の疑い 柏木由紀



















柏木由紀





続きを読む


このページのトップヘ