AKB48ニュースまとめ

AKB48、HKT48、SKE48、NMB48などのまとめサイトです。



1 :音泉光征 ★@\(^o^)/:2017/08/17(木) 22:19:06.24 .net
AKB48劇場にて、光文社の青木宏行氏がプロデュースする【あおきー「世界は夢に満ちている」公演】がスタートした。

これまで多くの著名人が公演をプロデュースしてきたAKB48だが、AKB48関連の書籍や雑誌を多く発売する青木氏のプ
ロデュースということで、スタート前からファンの間でも大きな話題になっていた。

出演メンバーは、谷口めぐ、樋渡結依、市川愛美、湯本亜美、後藤萌咲、達家真姫宝、福岡聖菜、村山彩希、小栗有以、長
久玲奈、久保怜音、西川怜、千葉恵里、田口愛佳、武藤小麟、山内瑞葵。次世代と言われるメンバーを中心の出演で、将来
のAKB48を背負っていくメンバーたちでの劇場公演なので、今後にも大きな期待が持てる公演になりそうな予感もする。

記念すべきオープニング曲は第一回のじゃんけん大会で注目を浴びた『チャンスの順番』。『チャイムはLOVE SON
G』『RUN RUN RUN』『LOVE修行』と続く。ユニット曲では久保玲音をセンターに迎えて、48グループの楽曲
でも1・2を争うほどのカワイイ曲『ウィンブルドンへ連れて行って』を歌い、さらに小栗有以がHKT48の宮脇咲良の『
彼女』をソロで歌い、可愛さを存分にアピールした。まさかのチーム8の人気ナンバー1の小栗と人気上昇中である久保が
同じ公演で遭遇するなんてビックリである。この2人の共演は、AKB48ファンにとって夢だった組み合わせでもある。そ
の夢をこの公演が叶えてくれた。今公演には、世間的に知名度の高いメンバーの出演は無いが、AKB48の将来、そして夢
がたくさん詰まった公演となりそうだ。
終演後の囲み記者会見で公演をプロデュースした青木氏は「メンバーも次世代の子たちばかりなので、彼女たちの夢が詰ま
った公演にしたかったんです。個人的に『LOVE修行』という曲が大好きで神曲なんです。LOVEって大事じゃないで
すか。LOVEだけでなく次世代メンバーということもあって、愛があって夢のある曲を選曲しました。タイトルにも「愛
」が入っている曲や「夢」を歌った曲などが多く含まれています。愛や夢だけでなく、この世代の反抗期だとか大人の女性
にも負けないような曲も入れてみました。、最後の曲『永遠より続くように』を選曲したんですけど、この歌詞では夢を追
いかけているだけでなく、今の幸せをかみ締めるような内容になっていて、最後に相応しいと思いました。タイトルは『世
界は夢に満ちている』なのですが、この世界というのは、僕的にはAKB48劇場のことなんですよ。劇場にはファンの愛と
メンバーの夢でできているという意味で付けたタイトルです」と語った。

16期生も多く参加している今公演だが「これまで16期生が先輩と一緒にやることが無かったので、何人か選んでみました。
特に頑張っている山内瑞葵さんに期待しています」とコメント。今回はダブルセンターということで久保玲音と小栗有以が
抜擢された。「総選挙でも47位と躍進した久保玲音ちゃんとチーム8で活躍している小栗有以ちゃんを選びました。この2
人でチームをまとめて背中で見せて欲しいという願いです。この2人には、3年後の東京オリンピック時にAKB48の顔に
なっていると思うので、期待も込めています」と答えた。

センターに抜擢された小栗は「今回は久保玲音ちゃんとダブルセンターをやらせてもらうことになりました。実は劇場公演
で初めてセンターをやるんです。本当に選ばれたことが嬉しいですけど、センターとしての自分の思いや表現を伝えること
に悩みました。とにかく自分の精一杯を出して頑張ります」。久保は「最初はすごく緊張しましたけど、やっていてメンバ
ーと目を合わせたりしていたら緊張もほぐれて楽しめました。」とそれぞれ意気込んだ。
https://news.dwango.jp/2017/08/16/145103/idol/
久保怜音(13) 小栗有以(15)














VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured



続きを読む



1 :影のたけし軍団ρ ★@\(^o^)/:2017/08/17(木) 08:48:09.62 ID:CAP_USER9.net
AKB48が20年東京五輪イヤーに向けた次世代エースを擁立した。
16日に都内のAKB48劇場で、新公演「あおきー『世界は夢に満ちている』」を開幕させた。

AKB48を結成時から取材する光文社「FLASHスペシャル」青木宏行編集長のプロデュース公演で、
15歳の小栗有以と13歳の久保怜音がダブルセンターに抜てきされた。

平均年齢16・1歳の16人が、かわいいアイドルソングを歌った。
同編集長は「このメンバーが2020年の顔になります。次世代の前田敦子さん、大島優子さんになるのはこの2人『さとゆい』です」。

久保は「東京五輪では私たちがAKB48の顔になっていられるように頑張ります」。
小栗は「2人はふわふわした印象ですけど、ステージではキリッとしたところも見せようねって、約束していました」。

6月のAKB48総選挙で久保が47位、小栗は51位で初ランクインするなど人気上昇中。
小栗は「前田さん、大島さんのような偉大な先輩方を超えられるようにこの公演で自信や実力をつけて、20年に一番輝けられるように頑張ります」。

AKB48のような大人数の制服アイドルグループは日本が誇るポップカルチャー。
世界に発信する絶好の機会となる東京五輪イヤーに先頭に立っていることを夢見て劇場で精進していく。
https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1873248.html



続きを読む



1 :ニライカナイφ ★@\(^o^)/:2017/08/16(水) 22:15:09.99 ID:CAP_USER9.net
元NMB48の渡辺美優紀が、15日にTwitterで彼女の“アイドルの師匠”だという加護亜依との2ショット写真をアップし、ファンから「これは興奮するわな!!!」「やばいツーショ」「わかるわかるわかる〜〜」と反響を呼んでいる。




渡辺はTwitterで「わたしの愛する青春そのものの方に会ってしまいました。
アイドルを好きになるきっかけでただ一人加護亜依さんをずっと好きでした」と加護と並んだ写真をアップ。
昨年8月にアイドルグループNMB48を卒業した渡辺だが、彼女いわく加護は「アイドルの師匠」なのだそう。

渡辺は「私の中でこんなに可愛い存在を超えるものが未だないです。
たくさん幸せをくださってありがとうございます」と彼女のアイドル人生において加護がかけがえのない人物であることを告白。
さらに同日に更新したブログでも渡辺は、「私が芸能人で、たった一人、唯一好きすぎて会いたくないほど会いたい人」ともつづっている。

加護はアイドル時代、モーニング娘。のメンバーとして一世を風靡(ふうび)し、2004年に同グループを卒業。
渡辺は彼女と同じ奈良県出身であり、渡辺の少女時代に活躍していた加護というアイドルの影響は、渡辺にとって大きなものだったのだろう。
そんな加護との対面を喜ぶ渡辺にファンからは「同郷のあこがれの人なんだね」「いい顔してる〜」「嬉しい組み合わせ」「まさに夢の共演」という言葉が寄せられている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170816-00000026-flix-ent



続きを読む


このページのトップヘ