AKB48ニュースまとめ

AKB48、HKT48、SKE48、NMB48などのまとめサイトです。

1 :ジョーカーマン ★@\(^o^)/:2017/04/25(火) 23:29:09.84 ID:CAP_USER9.net
これからブレイクするであろうアイドルたちを応援するニコニコチャンネル「NEXTアイドルをさがせ!」の特番第3弾が24日、生放送され、前回に続いてNMB48の市川美織がMCで登場した。

オープニングでは、パートナーMCのキクチウソツカナイ。から、「SHOWROOM」配信中に号泣した真相を問われた市川、
「いろんな思い入れもあるし、NMB48では選抜に入れなっかったけど、AKB48には選抜に入ったし、で、選抜総選挙で今度こそ入らなかったらヤバいぞという、いろんな葛藤と思いと、あと一緒に移籍しした梅田彩佳さんと、藤江れいなさんも卒業して、私一人になって、一緒の悩みを分かち合えるメンバーがいなくなったこともあります。仲は良いんですけど、同期の絆ってあるじゃないですか?」と複雑な心境を告白。

「選抜総選挙」の順位についても言及し、「リアルに15位」と目標を明言。
「妥協してもアンダーガールズには入らないと。」と気を引き締めた。
さらに「もし今年圏外だったら、さすがに来年は卒業かな。」とも話した。

抜粋
https://news.infoseek.co.jp/article/newsdwango_130974/

NMB48 市川美織









続きを読む

1 :ジョーカーマン ★@\(^o^)/:2017/04/25(火) 16:00:23.39 ID:CAP_USER9.net
1期生の小嶋陽菜(29)が卒業し、さらに世代交代が加速したAKB48。
その中で独自路線を歩み、47都道府県代表メンバーで構成されるチーム8が結成3周年を迎えた。
今月はさいたまスーパーアリーナ公演を成功させるなど、AKBの将来を担う存在として期待される若手集団だ。

「2万年に1人の美少女」の異名を持つ「ゆいゆい」こと東京都代表の小栗有以(15)は、アイドルらしい可憐なルックスを誇るチーム8の人気メンバー。
今春、高校生になったばかりの彼女にインタビューした。

小栗は1月にチーム8を代表して北海道の坂口渚沙(16)、熊本県の倉野尾成美(16)とそれぞれソロコンサートに初挑戦。
AKBのシングルで3作連続で選抜入りするなど実績を重ねている。

「選抜のお仕事ではチーム8をアピールしたくて、パフォーマンスの中でチーム8のポーズをしています。でも、ファンじゃないと8ポーズを知らない人もいるだろうし、今はまず自分のことを知ってもらって、チーム8の入り口になれたらいいなと思っています」

小学生のころ、前田敦子(25)や大島優子(28)がヒット曲「ヘビーローテーション」を歌う姿を見てAKBにあこがれた。
学校の授業では人前で話すのも苦手だったが、AKBが大好きなことを知っていた友達からチーム8のオーディションがあると聞き、祖母から「やりなよ」と背中を押されて応募。
中学1年で東京都代表として活動を始めた。

デビュー2年目にネットに掲載されたライブ写真から「2万年に1人の美少女」と注目度が急上昇。
しかし、加入当初は自身のスキルと「東京」という看板のギャップに悩んでいたという。

「東京代表といったら最初に目をつけてもらえそうですが、目立つことができなくて、東京代表っぽくないと言われてばかりでした。どうしたら東京代表っぽくなれるのかなと思ってたんですけど、あるとき、ファンの方が『自分らしく頑張って』と言ってくれて、その言葉で自分らしく頑張ろうって思ったんです」

「チーム8では妹キャラですよ」と無邪気に語るが、活動4年目に突入したチーム8の課題を冷静にとらえている。

「NGT48もデビューしたし、AKBには16期生が入りました。いつまでもフレッシュさだけではいられないとみんなとも話しています。もっと一人一人のことを知ってもらって、一人一人の能力を上げていきたいです。もちろん、フレッシュさと初心を忘れずに」

2001年生まれで、同学年のアスリートはフィギュアスケートの本田真凛(15)ら。
アイドルでは、欅坂46でセンターを務める平手友梨奈(15)らがいる。

48グループ、乃木坂46、欅坂46の混合ユニット「坂道AKB」で活動をともにし、スター性抜群の同い年の平手からは刺激を受けたという。

「平手ちゃんの表現力がすごい。初めて会ったときは『中学生だね』ってしか話しかけられなかったです(笑)。私はかわいい系もかっこいい系の曲も歌いながら、今までの私とは変わらないように私らしく、一つ一つの活動を頑張ります」

始まったばかりの高校生活には、「友達とはJKらしいことをしてみたくて。遊園地が大好きなので、学校終わりに遊園地へ行きたいです」とにっこり。
どんな場所でも自分らしく。
アイドルとして大輪の花を咲かせるため努力を続ける。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170425-00000525-sanspo-ent

「2万年に1人の美少女」 AKB48チーム8 小栗有以






欅坂46 平手友梨奈







続きを読む

1 :ジョーカーマン ★@\(^o^)/:2017/04/25(火) 08:42:34.46 ID:CAP_USER9.net
SKE48の須田亜香里(25)が24日にブログを更新し、当初「7位」と設定していた今年のAKB48選抜総選挙の目標を「5位」に上方修正したことを報告。
「こんなに5位が近くに見えるのは今年が初めてなんです」などと綴り、意気込みを伝えている。

須田はブログの中で、今年6月に沖縄で開催される第9回AKB48選抜総選挙について触れ、
「私は『去年の7位がマグレだった。』そう言われたくなくて『意地を張って7位を目指す。』と今年は公言していました」と打ち明けた。

その上で、「ですが、訂正させてください。“5位”になりたいです!! 5位です」と目標を上方修正したことを明かした。

須田は「すごく唐突だし 無理があるかもしれない。去年、私のために無理をしてくれていた方がいることも たくさんの方が力を貸してくれて 支えてくれてようやく立てた7位ってことも知ってる」と多くの支えの中で昨年7位に入ったことを綴った。

そして、「だけど この一年で好きになってくれた人もいた 変わらず支えてくれた方もいた」とファンの心遣いに感謝し、
「ちょっとポジティブすぎる考え方かもしれないけど 去年の7位以内のメンバーから今年は2人が出馬しないので 単純に計算すると今の私は5番目の位置」とし、
昨年4位のNMB48山本彩、同5位のAKB48柏木由紀が不出馬となったことに触れたうえで、
「こんなに5位が近くに見えるのは今年が初めてなんです」との気持ちがあるようだ。

須田はさらに、「その事実に気づいて それを夢を見た瞬間 怖かったし少し震えた」と率直な心境をしたため、
開票後に「5位どころか7位も難しい可能性だって十分あり得る」と自身の足元を見つめる。

それでも、須田の意気込みを強いようで、「始まってない今だから 見られる夢や口にできる目標もあるのかな?って思うんだ」と意気込みをふくらませていることを綴った。

そして、「今はその5位っていう夢のような場所が もしかしたら現実になるかもしれないっていう狭間を 須田亜香里の今を知ろうとしてくれたり 好き以上の何かで繋がっていてくれる皆と一緒に全力で走ったら」とファンと一緒に“総選挙”を戦い抜くことを視野に入れ、
「その先に何が見えるのか どんな“私たち”になれるのか 出逢ってみたい! そんな気持ちです」と挑戦したい気持ちをストレートに伝えている。

須田は2009年11月に『SKE48第三期メンバーオーディション』に合格してグループ入り。
選抜総選挙には2011年から出馬し、11年・36位、12年・29位、13年は16位となり初めての選抜入り。
14年・10位、15年・18位、そして、昨年は7位で初の“神7”入りを果たしている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170425-00010002-musicv-ent

SKE48 須田亜香里









続きを読む


このページのトップヘ