AKB48ニュースまとめ

AKB48、HKT48、SKE48、NMB48などのまとめサイトです。

カテゴリ: NMB

1 :ジョーカーマン ★:2020/03/23(月) 22:44:26.04 ID:0Dmth+6K9.net
昨年末から体調不良で活動を休止していたNMB48の山本望叶(=みかな、18)が23日、ライブ配信サービス「SHOWROOM」で、この日から活動再開したことを発表した。
劇場公演には無観客で行われるチームB2「2番目のドア」公演で復帰すると明かした。

「SHOWROOM」にはNMBのキャプテンで、山本が在籍するチームB2のキャプテンでもある小嶋花梨(20)が同席。
小嶋から呼び込まれた山本は「私、山本望叶、本日をもちまして活動を再開しました」と発表。
小嶋から「お帰り!待ってたよ!」と大歓迎された。

小嶋から「もう元気?」と体調を聞かれると、「元気になりました」と即答。
「これからしたいことは?」の質問には、「マジで何でもやりたい」と前向きに話した。
11日に18歳の誕生日を迎えた山本は、高校を卒業したことも報告した。
約15分間の配信の最後に、ファンに対して「3カ月くらいお待たせしてしまったんですけど、これからまた頑張るのでよろしくお願いします」とメッセージを送った。

この日昼に昨年12月21日以来、3カ月ぶりにツイッターを更新した山本は「突然ですが、今日の夜SHOWROOM配信します!!!!!!!」と予告。
「復活報告と信じる」と喜ぶコメントがある一方で、「卒業発表とかやめてよ」と怖がる声も寄せられていた。
活動再開が発表されると、歓喜のコメントが相次いだ。

山本の活動休止は昨年12月29日にグループの公式ブログで明かされた。
「体調不良のため、本日から一時休養を取らせていただきます」とした上で、「復帰のめどが立ち次第、改めてご報告させていただきます。活動再開まで温かく見守っていただければ幸いです」と記されていた。

山本はドラフト3期生として2018年に加入。
19年1月からチームB2に所属しており、ビジュアルの良さで人気を集めている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200323-00000137-dal-ent

山本望叶が活動再開を発表 SHOWROOM配信





NMB48 山本望叶













続きを読む

1 :ジョーカーマン ★:2020/03/19(木) 10:11:44.29 ID:igJ3K4pF9.net
NMB48吉田朱里が18日(水)、Instagramを更新。
女性ファッション誌『LARME』のオフショットを公開した。

「可愛すぎて息が止まった」吉田朱里の黒髪ナースドール姿

2010年からNMB48の1期生として活躍する吉田朱里。
2016年からはYouTubeに個人チャンネルを開設し、現在、チャンネル登録者は75万人と圧倒的な人気を誇る。
2019年には、自身プロデュースのアパレルブランド「Amiuu wink」、コスメブランド「B IDOL」を立ち上げるなど、アイドル、人気YouTuber、プロデューサーとしても活動の幅を広げている。

吉田は「発売中のLARMEではEATMEの新作アイテムをたくさん着させていただきました!今季のテーマがナース。とにかく世界観が可愛すぎるので皆さん是非チェックして下さいね!」とInstagramを更新。
益若つばさがディレクションするアパレルブランド「EATME」の新作アイテムを着て撮影したことを報告した。

注射器を持ち、ナースをイメージした新作アイテムを着た吉田の姿にファンからは、「いい意味でアカリンに見えへん!!!!まじドールやん」「お人形さんみたい」などの声が寄せられた。

吉田は普段からYouTubeでも紹介するほど「EATME」のアイテムを愛用しており、今回の撮影について「やっぱアカリンはEATMEの服が似合うね!!!」「EATMEとコラボ!まってた!」とファンも共に歓喜していた。
また、吉田はこの撮影のために黒髪にしており、「黒髪アカリン、妖艶!」「絶滅黒髪少女!アカリン素敵」と髪色を絶賛するコメントも相次いだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200319-00004170-entame-ent

「可愛すぎて息が止まった」吉田朱里の黒髪ナースドール姿が話題













NMB48 吉田朱里











続きを読む

1 :ジョーカーマン ★:2020/03/11(水) 10:24:40 ID:K9+ihxzQ9.net
NMB48の梅山恋和がYouTube「新YNN NMB48 CHANNEL」にて、ボーカロイド曲でお馴染みの「ハッピーシンセサイザ」の歌ってみた&踊ってみたに、“COCONAROID”として挑戦し、反響を呼んでいる。

NMB48梅山恋和、“COCONAROID”として「ハッピーシンセサイザ」を踊ってみた
「ハッピーシンセサイザ」はEasy Pop作詞作曲、めろちん振付、巡音ルカ・GUMI唄の人気ボカロ楽曲。

2月28日に公開された動画では、ピンク色のミニスカ衣装にツインテール姿の梅山が、“歌って踊ってみた”に挑戦。

現在弱冠16歳ながら、その2次元級のビジュアルの高さで女性人気も高い梅山のキュートな動画に、ネット上では「神可愛い」「これはイメージぴったり」「お顔が大優勝」「永遠に見ちゃう」と絶賛の声が寄せられている。

モデルプレスに梅山本人からコメントが到着。

「懐かしい方、初めて知った方、国内の人はもちろんのこと、海外の人にもたくさん観ていただきたいです。COCONAROIDを観て少しでも笑顔&元気を与えられたら嬉しいです!皆さん拡散よろしくお願いします!!COCONAROIDがもっと広まりますように。次の曲も待っててね〜!!」と呼びかけてくれ、次回作にも期待が高まる。

NMB48梅山恋和についてもっと詳しく!「顔面最強超絶可愛い」逸材

梅山は、2003年8月7日生まれ、大阪府出身の15歳。愛称は「ココナ」。
先輩の白間美瑠も「NMBの顔面最強超絶可愛い美少女」と絶賛。

http://mdpr.jp/news/detail/1991879

動画 COCONAROID(梅山恋和)
ハッピーシンセサイザ (Happy Synthesizer) / COCONAROID【歌って踊ってみた】
https://www.youtube.com/watch?v=vQlPgs3jGaI

「2次元級」の可愛さと話題 「ハッピーシンセサイザ」COCONAROID(梅山恋和)







NMB48 梅山恋和













続きを読む

1 :臼羅昆布 ★:2020/02/29(土) 15:40:06.19 ID:zjj7dxTo9.net
2020年02月29日 14時24分
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1761231/

「NMB48」元メンバーでシンガー・ソングライターの山本彩(26)が、3月1日に自身のユーチューブ・チャンネルでライブを生配信することが29日、わかった。
自身のツイッターで「明日、3/1(日)18:00〜 山本彩YouTubeチャンネルにてプレミアムアコースティックLIVE生配信します!!」と予告。
「リクエストコーナーもありますので『#山本彩リクエスト』を付けて歌って欲しい曲を是非送ってください」「リクエストは私の楽曲でお待ちしております!」と呼びかけた。
山本は新型コロナウイルス感染拡大に関する政府方針に従う形で、3月1日の高松公演、同8日の神戸公演、同13日の金沢公演の延期を27日に発表。
その際「公演を予定していた日に在宅で何か出来ることはないか考えます!」と宣言していた。



山本彩



続きを読む

1 :ジョーカーマン ★:2020/02/21(金) 22:56:09.47 ID:wzOaxl6b9.net
NMB48の山本彩加が17日(月)、制服姿の写真をInstagramに投稿。
あまりに似合い過ぎと話題になっている。

可愛すぎると話題、制服姿の山本彩加

2016年に5期生としてNMB48に加入した山本彩加。
その年の年末に発売された16thシングル「僕以外の誰か」で早くも初選抜入りを果たすと、以降は選抜常連として中心メンバーに成長、次期エースとの呼び声も高い。
2018年には「ミスセブンテーン2018」でグランプリの1人に選ばれ、ファッション雑誌『Seventeen』専属モデルとして活躍している。

山本はInstagramで、「#アオハル」とタグを付け制服姿の写真を投稿。
これは同じグループの梅山恋和、上西怜とのユニットLAPISARCH(ラピスアーチ)が14日(金)に開催した「LAPISARCH Valentine LIVE」内で放映されたスペシャルドラマの衣装。

投稿を見たファンからは「制服可愛すぎる」「こんな素敵な子がいたら奪い合い」「こんな可愛い子と高校生活一緒に過ごしたかった」と絶賛の声が相次いだ。
また、17歳の現役女子高生でもある山本に、「今年一年たくさんアオハルしてね」と最後の高校生活を満喫して欲しいと願うファンもいた。

http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200218-00003818-entame-ent

山本彩加の制服姿が可愛すぎると話題









LAPISARCH (左から)梅山恋和、上西怜、山本彩加


NMB48 山本彩加











続きを読む

このページのトップヘ